電気安全・保安講習会

電気安全・保安講習会とは

   内線工事に従事している電気技術者が、電気設備技術基準やその解釈、内線規程等を正しく理解し、工事品質の向上を図ることを目的とし、専門的技術や知識等の普及や人材を育成に努めています。

 

内線規程講習会

 

事業の経緯

   平成19年度より、全関における講習会、研修会事業の充実策の一環として、日本電気協会関東支部と共同開催してきましたが、平成24年の公益社団法人化に伴い、より自立した事業を目指す観点から、平成28年度以降の内線規程講習会は内部講師により当協会主催の開催としています。

事業の取り組み

事業の取り組み

当協会ホームページで開催周知するとともに、開催地域協会は、所属している会員はもちろん非会員に対しても周知しております。
 
 
 
 

「内線規程 追補版」について

一般社団法人日本電気協会が発行する「内線規程(JEAC8001-2016)」において、一般社団法人日本電気協会のHP上で追補版が発行されました。

必要な方は、下記ダウンロード先よりダウンロードして下さい。

 

なお、ダウンロード先は、当協会から外部のHPに繋がります。

一般社団法人日本電気協会 「内線規程(JEAC8001-2016)2017年 追補版」ダウンロード先 http://www.denki.or.jp/pub/cat/new/c8050/html

 

 

開催実績

計1134名

年度 開催地協 参加人数
H19年度 埼玉県地域協会 84名
群馬県地域協会 78名
H20年度 山梨県地域協会(2日コース) 70名
群馬県地域協会 69名
茨城県地域協会 77名
埼玉県地域協会(2日コース) 37名
H21年度 千葉県地域協会 86名
H22年度 埼玉県地域協会(2日コース) 30名
H24年度 群馬県地域協会 27名
H26年度 茨城県地域協会 33名
H27年度 千葉県地域協会 48名
栃木県地域協会 22名
H28年度 東京都地域協会 90名
神奈川県地域協会 69名
H29年度 埼玉県地域協会 33名
静岡県地域協会 21名
栃木県地域協会 21名
茨城県地域協会 57名
山梨県地域協会 38名
H30年度 茨城県地域協会 42名
千葉県地域協会 51名
群馬県地域協会 51名

 
 
 

ケーブル防火区画貫通措置に関する講習会

 

事業の目的

ビル内の壁、床等のケーブル防火区画貫通部では区画間に火災が広がらないように阻止する必要があり、建築基準法で定められた「防火区画等」をケーブル・配管等が貫通する場合に、法令で定められた仕様もしくは性能基準を満たしたものとして認められた構造方法を用いなければなりません。 このため、建築基準法で定められた「防火区画等」や、ケーブル防火区画貫通部に関する知識・技術を習得するための講習会を開催し、ケーブル火災の防止に努めます。

 

開催実績

計903名

年度 開催地協 参加人数
H26年度 東京都地域協会 30名
茨城県地域協会 103名
埼玉県地域協会 85名
H27年度 栃木県地域協会 121名
茨城県地域協会 57名
埼玉県地域協会 43名
山梨県地域協会 55名
H28年度 東京都県地域協会 30名
栃木県地域協会 20名
茨城県地域協会 47名
埼玉県地域協会 20名
山梨県地域協会 22名
H29年度 埼玉県地域協会 38名
茨城県地域協会 69名
H30年度 東京都地域協会 38名
埼玉県地域協会 16名
茨城県地域協会 21名
千葉県地域協会 28名
群馬県地域協会 60名
次回の経営講習会の情報はこちら
Copyright© 2011 ALL KANTO ELECTRICAL CONTRACTORS ASSOCIATION. All Rights Reserved.