IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターは、火を使わないので不完全燃焼や吹きこぼれによる立ち消えの心配が無く、200V のハイパワーで調理も短時間。安全に対する消費者意識の高まりや省エネ指向にもかなった調理器具です。

IHクッキングヒーター過熱の仕組み

IHクッキングヒーター過熱の仕組み

IHとは電磁誘導加熱(Induction Heating)のこと。うずまき状のコイルから発生する磁力線によって上に置かれた鉄鍋の底にうず電流を生じさせ、鍋自体をヒーターのように発熱させます。

IHクッキングヒーターの特徴

安 全

機械自体から熱をださず、裸火もないため、立ち消えの心配はありません。また、万一の時の安全機能が充実しています。

清 潔

凹凸のないトッププレートのため。さっと拭きとるだけで、お手入れが簡単。
また、炎がでないため、なべ底のススやガス燃焼による空気の汚れもありません。

安全機能

IHクッキングヒーターには、さまざまな安全機能がついているから安心、安全です。
・温度過昇防止機能・鍋無し自動停止機能
・切り忘れ防止機能
・チャイルドロック機能
・高温注意表示機能
※メーカー・機種により安全機能が異なることがありますのでご使用の際は取扱説明書等をご覧下さい。

IHクッキングヒーターの種類

IHクッキングヒーターには、ビルトインタイプと据え置きタイプの2種類があります。

強火もお任せ

IHクッキングヒーターは、200Vのハイパワーで過熱し、火力はガスコンロと同じです。
また、電気代は100Vのときと変わりありません。

鍋について

IHクッキングヒーターでは、材質や形状により、使用できる鍋と使用できない鍋があります。
○使用できる鍋
鉄・鉄鋳物、鉄ホーロー、ステンレス製の鍋。
○使用できない鍋
銅、耐熱ガラス、アルミ、陶磁器(土鍋)製の鍋や、底の丸い鍋(中華鍋など)は使用できない
※メーカー・機種により、使える鍋・使えない鍋の形状・材質がやや異なることがあります。
ご使用の際は取扱説明書等をご覧下さい。
※鍋の箱・表示札・取扱説明書などで底の形状、材質をよく確認してお選びください。

ご使用にあたって

IHクッキングヒーターは、ふつうの電気製品と異なり、200Vの電源が必要となり、電気工事が必要となります。

電気工事の内容及び費用の目安

電気工事の内容及び費用の目安
※契約容量50A未満の場合
※アンペアブレーカーの取替工事は東京電力(株)の費用で行いますので、お客さまの費用負担になりません。

電気工事の内容

A.IHクッキングヒーター据付及び専用回路増設工事

分電盤にIHクッキングヒーター専用の200Vの回路を増設・設置し、キッチンにIHクッキングヒーター本体を据付ます。

B.アンペアブレーカー・漏電遮断器取替工事

分電盤にIHクッキングヒーター専用に使用できる予備回路はあるが、アンペアブレーカー・漏電遮断器の容量が50A未満の場合、アンペアブレーカー・漏電遮断器取替工事が必要となります。

C.分電盤取替工事

分電盤にIHクッキングヒーター専用に使用できる予備回路がなく、アンペアブレーカー・漏電遮断器の容量が50A未満の場合、
分電盤の取替工事が必要となります。

D.引込口配線取替工事

電気配線が、「単相2線式」注1の場合、引込口配線取替工事を行い、200VのIHクッキングヒーターを使用できる「単相3線式」注2にします。

注1.単相2線式とは、電柱から2本線で引き込む方式で、100Vのみ使用できる方式です。
注2.単相3線式とは、電柱から3本線で引き込む方式で、100Vと200Vを併用できる方式です。
※集合住宅では全体の電気容量の関係で200V工事が行えない場合もありますので、お近くの電気工事店住宅電気工事センター、管理組合、管理会社などにご連絡ください。

単相3線式配線の確認方法

単相3線式配線の確認方法
■単3と記載されていれば
単相3線式配線です。

お客さまの電気配線が単相3線式かどうかを確認するには、ご自宅の電力量計(下図参照)をご覧いただき、赤帯びに白で『単3』と記載されていれば単相3線式配線です。記載の無い場合は単相2線式配線です。

工事費用の目安

お客さまの設備状況 工事内容 工事費用の目安
・単相 3 線式配線である
A
4万~5万
・分電盤に予備回路がある
・アンペアブレーカー、漏電遮断器の容量が50A以上である
・単相 3 線式配線である
A B
6万~7万
・分電盤に予備回路がある
・アンペアブレーカー、漏電遮断器の容量が50A以上である ×
・単相3線式配線である
A C
8万~10万
・分電盤に予備回路がある ×
・アンペアブレーカー、漏電遮断器の容量が 50A 以上である ×
・単相 3 線式配線である ×
A C D
9万~12万
・分電盤に予備回路がある ×
・アンペアブレーカー、漏電遮断器の容量が50A以上である ×
※上記費用は、あくまで参考例です。また、費用は電気工事のみで、「ガス配管の処理・撤去工事」、「ガスオーブン等の大型機器の解体撤去」などの費用は含まれておりません。
※上記費用は、IHクッキングヒーター本体価格は含まれておりません。

工事内容・費用等のお問い合わせ

・お客さまの設備状況の確認や、IHクッキングヒーター取付工事の詳細内容、見積り等については、お近くの電気工事店または、住宅電気工事センターへお問い合わせください。
・電気料金については、東京電力の料金メニューに、IHクッキングヒーターを使用するお客さまの電力量料金を割引く『スマイルクッキング割引』 などがありますので、お近くの東京電力(株)へお問い合わせください。

IHクッキングヒーターに関するリンク集

Copyright© 2011 ALL KANTO ELECTRICAL CONTRACTORS ASSOCIATION. All Rights Reserved.