200V配線例

200V配線列

(1)引込口配線・分電盤から分岐して200V配線をする方式

    ビルトインの機器については施設時から100Vか200Vが分かっていることから、200V仕様のものを採用する場合には、配線施工時に200V配線を行います。
想定機器:IHクッキングヒーター・食器洗い乾燥機など

キッチンにおける200V配線

(2)100V専用回路の200V専用回路化対応方式

   100V専用回路(コンセント回路や照明回路のように送り配線をしない独立した回路)の配線用遮断器をあらかじめ2P2Eタイプにしておけば200V専用回路に変更は容易にできます。
■「配線用遮断器の接続替えで対応
■コンセントを100V用から200V用に取替えで対応
想定機器:洗濯乾燥機・浴室換気乾燥機・温水洗浄暖房便座・エアコンなど

100V専用回路の200V専用回路化対応方式

参考

○100V専用回路、200V専用回路併設方式
   可搬型の電子オーブンレンジ、食器洗い乾燥機、洗濯乾燥機など、将来200V機器の普及が考えられることからあらかじめ専用の200Vコンセントを設置しておきます。
想定機器:オーブン電子レンジ・食器洗い乾燥機・洗濯乾燥機など

100V専用回路、200V専用回路併設方式

○複数の200Vコンセントへ1回路から配線する方式
   使用する時のみコンセントに接続する可能性の高い200V仕様機器が将来的に普及した場合、これらの機器は同時に使用する可能性が低く、例えば200V20Aからの送り配線で4箇所(4口)までのコンセントまで供給します。

複数の200Vコンセントへ1回路から配線する方式

Copyright© 2011 ALL KANTO ELECTRICAL CONTRACTORS ASSOCIATION. All Rights Reserved.